フォレスト出版は怪しいと思うので注意喚起します。フォレスト出版がいかに怪しいかは、フォレスト出版 このキーワードでサイト内検索して頂ければ分かると思います。ぜひ試してみてください。

フォレスト出版と言えば、よく電車などのドア横に広告が貼ってあったりなど、意外に目にしている人も多いのではないでしょうか。出版している本の多くがビジネス指南書や自己啓発、スピリチュアルなどが目立つように思います。まれに著名人が本を出し、好評を博すようなこともあるようですが、そのようなことは非常に少ないように感じます。

この出版社に関して言うと、ちょっとしたインフルエンサーに本を書かせて、その人物の信用を担保し、セミナーへと誘引する、そんな手口が非常に多いように思います。例えば、カメラマンの小椋翔なる人物がいます。「副業するならカメラマン」なるカメラマンになるためのハウツーもののように思われる書籍を、この出版社より出しています。私も試しに読んでみました。

はっきり言って噴飯を通り越して頭痛を引き起こすような話ばかりです。カメラの撮影技術に関することはごくわずか、それも素人向けの入門書に書いてある程度の事ばかりで、残りのほとんどが「金儲け」と「自慢」の話。残りは自分の弟子らしき人物の成功談。これは誇張ではありません。嘘だと思うなら読んでみることをお勧めします。よほど金と時間が余っていれば、の話ですが。

おそらく、「金儲けのネタ探し」に夢中な人なら飛びつくでしょう。いいカモです。この手のセミナーは基本、高額です。理由は簡単。少しの人間でも引っ掛かってくれさえすれば、コストを回収できるような仕組みになっているからです。そして、この手の話に飛びつく人はやはり後を絶ちません。

フォレスト出版は、こういった、出版とセミナーをワンセットにしたビジネスモデルを展開していると言わざるを得ません。もちろん、セミナーなどとは無関係な出版物もありますが、ビジネス書や自己啓発本には、セミナーへ誘引するものが散見されます。実際、ネットで「フォレスト出版」を検索すると「詐欺」だの「行政処分」だの、物々しい言葉が第二検索ワードとして候補に挙がってくる。

どうしてこんなことになるのでしょうか?

フォレスト出版自体がこう言った怪しいビジネスを目的としたセミナーを積極的に主催している可能性は何とも言えませんが、自費出版や企画の持ち込みも過去には行っており、かつてはなんと六十五万円を取ってライターズアカデミーなる企画もやっていました。ちなみにここ数年はそう言ったことは自費出版も含めて手を引いているようですが、かつてはセミナーなどに親和性の高いライターをスカウトしたり、もしくはそういったセミナーで儲けようともくろんだ人間が、自分の経歴を誇張するために自費出版していた可能性もあります。しかし、まともな編集者なら内容がおかしいと感じた時点でストップをかけたりするでしょう。何より自社で高額なセミナーを行ったり、怪しげなセミナーCDを販売したり、とこのフォレスト出版なる会社の過去の商売を見ると、怪しいという疑惑を一層深めざるを得ません。ネットで詐欺だと批判され始めていることもうなずける。

君子危うきに近寄らず、ではありませんが、フォレスト出版なる会社の出版物には、距離を取ったほうがいいように思えます。

フォレスト出版の口コミ

当サイトは、フォレスト出版の口コミを募集しています。お気軽にご連絡ください。