当サイトのアドバイスにより、返金が成功した方からの口コミをご紹介します。クレジットカードのチャージバック(異議申し立て)の成功例とやり方です。カード会社への支払いを拒否・キャンセルしたい方はぜひ参考にしてください。(ここから)
管理人様
合同会社ドリームについて相談させて頂きましたAです。

全額58万5600円のチャージバッグ成立となりましたのでご報告致します。
既に分割で支払った金額も口座に振り込まれました。(赤字)

ブログから交渉・相談の知識を得られたので大変助かりました。
このような詐欺に引っかかる事が二度とないよう見直していきます。

この度は誠に有難うございました。

【契約から返金までの流れ】

2020年

3月 indeedにてネットショップ運営の募集を見つけ連絡→面接

5月

・カリキュラムを進めると説明との相違がいくつかあり調べて詐欺と気付く

・消費者センター①に訪問→返金は難しいと返答

・ネット上の無料弁護士5人に相談→うち2名から返金は難しいと返答(他返答無し)

・契約会社の担当者に返金を求むメールを送信→できないと返答

・契約金の引き落とし日の前に口座を空にして拒否

・ネットから印刷した抗弁書をクレジットカード会社に送付

・消費者センター②に相談→契約書,カリキュラム資料,抗弁書をFAX送信

6月

・消費者センター②の指示で契約会社とカード会社に通知表を送付

(通知書…契約に至るまで契約担当者から言われたこと、実際の相違点、返金を求む意思表示を記載した書式自由の書類)

カード会社には契約書,カリキュラム資料も同封

7月

・カード会社から異議申立書が届き記入→送り返す

9月

・カード会社の契約会社の審査が通り、チャージバッグ可能とセンター②から連絡がくる→分割で支払った金額が口座に支払われたことを確認

・チャージバック完了予定は10月

以上です。

消費者センターを変えたことで好転しました。

センター②に話す内容は、センター①や弁護士に突っ込まれた点を意識して話しました。

返金に悩む方がいらしたら、返金されるまで人と場所を変えてとことん相談して下さい。

センターの担当の方にチャージバックのお礼の電話をした際、「あなたが頑張ったから返金できたんですよ」と言ってくださいました。

ほぼセンターの方の力ですが、泣き寝入りせず頑張って良かったと思いました。

(ここまで)

情報提供ありがとうございます。

クレジットカードのチャージバック(異議申し立て)のやり方でお悩みの方、ぜひ本記事を参考にしてください。

返金成功例はここでまとめているのでご併読ください。

経緯書の見本はこちらです。参考にしてください。


※以下、2020年11月追記
当サイトアドバイスにより返金に成功した方からの口コミをご紹介します。
(ここから)
こんばんは。
遅くなりましたが、A氏の件、本日ようやく決着がつきましたのでご報告です。

あの後カード会社に再度連絡し、一括払いにしていたものを分割払いに変えることで 抗弁書を受け付けてもらえないか相談しOKをもらったので、経緯報告書と合わせて提出しました。
消費者センターですが、こちら(私)が数か月待ってほしいと言っていたのに 販売者がLINEや電話で勧誘してきたことから内容云々ではなく クーリングオフの対象であることをA氏に申し入れてくれはじめは返金はしないと言っていたみたいですが、最終的に返金に応じたそうです。