越コンサルティングの評判を頂いたのでご紹介します。川越コンサルティングから何らかの副業・ビジネス・投資に勧誘されている方、細心の注意を払ってください。詐欺とまでは言いませんが怪しい会社だと思われます。(ここから)
はじめまして。

とある商材の情報収集がきっかけで貴サイトにたどり着き、過去記事を興味深く拝見いたしました。
(貴サイトでそれが詐欺だとわかり、回避できたこと心より感謝申し上げます)

今回は、詐欺ではありませんが、最近発生した私の金銭トラブルについて、もし可能であれば些細な事でもアドバイスいただければと思い、ご連絡した次第です。

知人を通して行った物販ビジネスで、約400万のショッピングローンを背負わされたトラブルになります。
以下、経緯となります。

2019年、私が知人に200万円の借金を抱えている旨、悩みを打ち明けたところ、
下記の計画①のような物販ビジネスを利用した対策をご提案いただき、川越コンサルティング社営業担当の米本圭吾という人物を紹介されました。

しかし、実際に米本氏にお会いしたところ、知人の提案である下記の計画①ではなく、計画②を提案してきました。
■知人の提案(計画①)
私の与信枠を利用し、高級時計をローンで1つ仕入れる。その売却益で今抱えている借金を完済し、利息なしの時計ローン支払いに切り替える。

■米本氏のご提案(計画②)
私の与信枠を利用し、高級時計をローンで2つ仕入れる。その売却益で次の時計を仕入れる。以降その繰り返し。また、それとは別に毎月クレカで時計またはJR回数券を一括で仕入れる。それぞれ、都度利益は川越コンサルティング社と私で案分する(例えば、200万で仕入れた時計が210万で売却できた場合、利益の10万を川越コンサルティング社と私で5万ずつ案分する)。いま抱えている借金は引続き分割で支払うこととし、物販利益を繰り上げ返済にあてていく。

私は、それでも計画①で進めたい旨、米本氏には何度もお伝えし、かつ、計画②の場合は、ローンを残したまま時計の取引先との販売ルートが途絶えた場合のリスクについても強く懸念を表しましたが、それでも「そのリスクはまず考えられない」と発言(※)し、頑なに計画②の方を強く提案して譲りませんでした。これではなかなか進展しないと思い、結局私も計画②を飲む形で進めてしまいました。
(※)米本氏本人も当時リスクを顧みなかった事実は認めております(その発言の音声も残っております)

最初の数か月はローンの月々の返済分を毎月川越コンサルティング社からお振込みいただいておりましたが、半年後、私の懸念は新型コロナの影響により現実のものとなってしまいました。取引先との販売ルート、入金ルートが途絶えたとのことで、2020年以降、振込みも途絶え、ローンとクレジットカートの利用分だけが残されたまま、現在に至っております。

その後、米本圭吾氏は4月頃に川越コンサルティング社を退社したとのこと。連絡は途絶えました。
LINEは繋がっておりますが、下手に追及するとブロックされると思い、今のところ踏みとどまっております。

また、川越コンサルティング社の後任とは何度かやりとりして返済に向けたプランニングについて模索していましたが、顧問弁護士らしき事務所から書面で連絡をいただき、自己破産あるいは任意整理に向けて手続きを進めるとのことでした。

普通に考えれば、自己破産されては諦めて泣き寝入りするしかないのでしょうが、せめて米本氏に対して返金や責任を問う手段がないものかと悩んでおります。

今回は、何か手立てとなるヒントが少しでも得られればと思い、ご連絡させていただきました。

もし、貴サイトの趣旨と異なる、的外れなお問い合わせでしたら大変申し訳ございません。

何卒、よろしくお願い申し上げます。
(ここまで)
アドバイスをメールで差し上げました。