ココデ・グローバル株式会社(加藤将太)から詐欺にあったという口コミがあったのは以前こちらでご紹介したとおりですが、今回、ココデ・グローバル株式会社から問い合わせを頂いたのでご紹介します。(ここから)
お世話になっております。
ココデ・グローバル法務部門を担当している佐藤と申します。

御社のブログ記事ですが、根拠が無いものですので削除を要請します。

1:アフィリエイターの99%以上とは和解していて現在はそのような悪い記事はありません。
例えば、あさえださんは、上記の記事の他にも悪口記事を書いていましたが、きちんと削除対応されています。

その他にも、「加藤将太」「詐欺」で検索したらトップに出てくる真田さんのこの記事も、現在は削除対応されています。

現在ネット上にある風評のほとんどは、本人がアフィリエイトしていなかった人が上記の真田さんのブログ記事などを参考に二次的に書いたもので、直接アフィリエイトに関与した人は少ない(見当たらない)です。

その理由は、弊社が代表を中心に、99%以上の連絡が付くアフィリエイター全員と和解したからです。

現在悪評を書いている記事の作者は、殆どが大型アフィリエイターではなく、1件とか2件、あるいは自作自演の20件の登録を行って承認率が極端に減った人です。

貴サイトに報告された「20人を紹介して20万円貰えると思った」人も恐らく、後で和解したか、虚偽の申告(件数虚偽)またはIPアドレスの一致等で全額否認された人です。

集団控訴すると言っていた方々も、誰も訴状の一つも弊社には送ってきておりません。
事務所には1通も内容証明すら届いていないしもちろん裁判所から通達などはありません。

またアフィリエイトの規約を読んでいない人が多いことも特徴です。
https://affiliate.kato-premium.com/info/rule

━━━━━━━━━━━━━━━
12.貢献指数(旧承認率)
貢献指数(旧承認率)とは、当社への貢献度を考慮した当社独自の計算基準です。貢献指数(旧承認率)の上限はありませんが、下限は0になる可能性があります。下限の0の場合は、アフィリエイト報酬は0になる。

当社は、貢献指数(旧承認率)の決定プロセスの開示義務を負わない。
貢献指数(旧承認率)は、当社が独自の判断でできるものとし、ユーザーはこれについて、一切の異議を述べないものとする。
当社は貢献指数(旧承認率)によって、ユーザーが有料広告(PPC等)で損害を被った場合でも、一切の責任を負わないものとする。
━━━━━━━━━━━━━━━

また和解した背景として、このキャンペーンでは
●アフィリエイト報酬は「アフィリエイターに」総額1億円を超えて払っています
●その他に、「リップル・または1万円」として、「参加者」に1万円×6000名で6000万円を還元しています

合わせて1.6億円ほどの広告費はきちんと拠出しています(財務諸表からも証明できます。その必要がないためしませんが)。

以上から、
●現在ネット上の言説のほとんどはデマ
(特に原田いんへいという、原田陽平という実在の人物を文字った偽Twitterアカウントが多く引用されていますが後に削除されています)

━━━━━━━━━━━━━━━
尚、原田影平(はらだいんへい)アカウントは、
・報酬額の虚偽の報告(そのような額及び承認率の人は存在しないのが、さもその報酬額をもらえるはずだったように偽ってTwitterに投稿)
・報酬アカウント所持者の妻が、報酬額を偽ってTwitterに投稿
・妻が精神疾患を持っており、その疾患のためにTwitterに粘着質の投稿をする人であるとそのアカウント所有者(旦那)が認めた
などの経緯で当該イベント間もなく、アカウント所持者との同意により削除されています。
━━━━━━━━━━━━━━━

●ブログ上の悪評のほとんどは、実際にキャンペーンに参加していない人が二次的に他の人のブログを引用しただけ。

そのブログの多くは「加藤将太」「詐欺」で検索したらトップに出てくる真田さんの記事を参考にしていて書かれたものだと思われるが、現在は削除対応されています。

以上から私は詐欺行為を働いていませんし、誤ちを認めて謝罪・(規約上は必要ない)保障を行っており、誰も事務所に訪ねてこないし内容証明の1通すら届きません。

このため、その20件登録の方は、「アフィリエイターと関係ない人か」「極端な怪しい登録を行ったか」「件数が虚偽か」さもなくば「和解前に報告してきて後に和解したアフィリエイターの一人」だと思われます。

双方納得できる額を払って99%の人と和解したのが真実であり、この記事が残ることは本件に関して誤解を与えるものだと思いますため、削除を要請します。
(ここまで)
以上、必死に弁解しているココデ・グローバル株式会社なのでした。

ココデ・グローバル株式会社の言い分が正しいかどうかは、読者様個々人で判断なさってください。

ココデ・グローバル株式会社のホームページはこちら
https://kokodeglobal.com/