仮想通貨でマネーロンダリング
仮想通貨でマネーロンダリング

想通貨でマネーロンダリングをする方法をご紹介します。もちろん犯罪を勧めているわけではありません。あくまで読み物として。このサイトは現役の犯罪者がよく参考にしていると聞きますが決して実行しないように。マネーロンダリングは犯罪です!
まずそもそも仮想通貨でマネーロンダリングはできるのか?という問いですが、答えはYesです。それこそ素人でも簡単にできちゃいます。今回は仮想通貨を利用したマネーロンダリングの方法をご紹介したいと思います。違法ドラッグや詐欺で得たお金は綺麗にしたいですよね?手元に残しておくと犯罪収益として没収されますからね。できるだけ早く洗浄してしまいましょう。
まず、日本の取引所で構いませんので仮想通貨(ビットコインなど)に交換しましょう。そしてYobitHitBTCなどに分散して送金しましょう。YobitやHitBTCの口座は匿名で開設することができます。(しかし頻繁にハッカーからのアタックを食らっているサイトなのである日突然アクセスできなくなるといったリスクもありますから注意しましょう。)
そこで受け取った仮想通貨をジーキャッシュやモネロなどに交換しましょう。ジーキャッシュやモネロは匿名性が高い通貨です。追跡はほぼ不可能です。そしてまた複数の取引所の口座を経由させましょう。そして現地の協力者に仮想通貨を現金に換金してもらいましょう。それを、商取引(車の売買など)を装って日本円に両替しましょう。こうするとことで、薬物や詐欺で得た汚いお金を洗浄することができるのです。換金手数料や協力手数料が必要になってきますが、全額没収されるリスクを避けるための必要経費と考えれば安いものです。
マネーロンダリングのコツは、海外を経由させることと複数の取引所を経由することです。海外が絡んでくるとどうしても司法は及び腰になってしまいます。特にロシアとか中国が絡んでくるとそうですね。取引所を複数経由させることもコツです。これは説明しなくてもわかりますよね。もし現地に協力者がいないなら別に国内だけでやっても良いです。ですが、摘発のリスクは当然高くなりますので気を付けてください。
とは言いましたが、仮想通貨のマネーロンダリングはほとんど野放しになっているのが現状です。理由はたくさんあるのですが、テクノロジーの発展に法律が追い付いていないのが一番の原因だと思います。一罰百戒という意味でそのうち摘発があるとは思いますが。