FXは9割以上の人が負けるので、期待値的にはやらないのが一番です。
特にこんな情報商材で見ず知らずの人にちょこっとレクチャーしてもらってそれを平気で実行できてしまう人はリスク管理の意識が極めて低いので、ほぼ100%負ける側の人間になるでしょう。
身元のよくわからない人がツイッターに寄せている情報を信じる一方で、金融庁や消費者庁による調査結果を「無視する」というのはおかしなことです
FXは、判断要素が政治家の発言 輸出入 外国の景気判断など多岐にわたるので、儲けを出すには非常に難しいと思います。
近年は、運用成績がマイナスのヘッジファンドが続出し、プラスのファンドでも1ケタのリターンがやっと。
投機筋の売買などのために予測不能な価格変動が大きすぎるので、チャート分析は役にはたちません。
仮に本当に効果のあるチャート分析ツールが発表されたとしても、市場参加者の多くが利用すると、そのツールの効力は無効化されてしまいます。
つまり、チャート分析や投資ツールに過剰に期待してはいけません。

FXは上がるか下がるかの一見丁半博打のように見えますが、90%が即退場になります。
コツコツと10回勝っても、1回でかい負けがあれば退場になる!
900万円儲ける人が1人居て、100万円負ける人が9人います。で、その900万円儲けるのは、ゴールドマンとかシティみたいな巨大国際企業。
それ以前に、大手企業では、もうAIが使われています。勝ち目はありません!

アメリカの富裕層は世界の富の半分を支配しています。

その富裕層は世界の主要なマスコミを所有しています

マスコミは、富裕層の流したい情報を優先して流します

富裕層は、報道前に情報を知っています。そして相場を左右できる資金力を持っています

FXは、パチンコよりタチが悪い博打、最初から勝者が決まった博打です。

世界中のメチャクチャ頭がいい人達が形成した相場の中で、自分だけが有利に進めるだなんて、あまりにも現実的離れした発想。

FXと株なら株の方をお勧めします。
株は、きちんと始めようと思ったら500万円ぐらいは必要です。
500万円貯められる職業につける人は、元々の能力が高い人が多いです。
一方FXは、貧乏人が10万円握りしめて参入します。
参加者に低級な人間が多いのがFXです。
だからもしあなたが10万円握りしめてFXをやろうものなら間違いなく負けちゃいます。
そういう人は投資を考えるよりはまず人間力を養いましょう。
株をお勧めするもう一つの理由。
株式投資はプラスサムゲームで、期待リターンは年5%~10%とかです。(大まかにいえば)
FXはゼロサムゲームです。
つまり、誰かが得をすると誰かが損をしています。
一方、株式は、全員が得をする場面もあります。
だから株式の方がまだお勧めです。

あともう一つ。
世の中は、賢い人間よりバカのほうが圧倒的に多い。そして市場はこの圧倒的に多いバカから構成されている。バカがヒステリーを起こして年中右往左往していると言うのが市場の実情です。

チャートの勉強をした。
ファンダメンタルズの勉強もした。
でもやっぱり勝てない!

理由は簡単。

市場というのは、チャートもファンダメンタルズも関係ない、カオスの世界だからです。
投資必勝法は存在しない。
情報商材を買っても無意味な理由がこれ。