どうも(^^)
今日は阪井亮介が販売する
YOUTUBE動画作成ツール「鳳凰」
の暴露、評価、検証をしたいと思います!
大阪府堺市向陵東町1丁6番3号
080-4979-0065
http://youtube-houoh.com/

これは、なかちゃんグループ(光山グループ)が販売する商材です。
なかちゃんグループ(光山グループ)についてはこちらを。

なかちゃん塾ととおる塾は詐欺!
https://no1-reviewer.com/review/category/sagi/cat55

なかちゃんグループは、かつて一世を風靡した詐欺グループです。
詐欺アフィリでは食えなくなったのか、ツール販売に転向したのでしょう。
私の啓発活動によって、情報商材業界から消えつつあるなかちゃん一派(笑)
最後の悪あがきか!?(笑)

確かに、ユーチューブは稼げる媒体です。
だから、もしネット収入がほしいと考えてる人は、ユーチューブを中心に研究してみることをお勧めします。
(そのあたりについては過去に何度も説明していますので、このブログを数年分は読み込んでください。)

ただ、何も趣味や特徴が無い人には向いていません。
パクリ動画やつなぎ合わせただけの動画だけでは、稼げたとしてもそれは一過性のもの。
パチンコの攻略法と同じように、システムの隙を付いただけの話で、ビジネスとはとても言えません。
ましてやラジオ・テレビを盗用したものなら、摘発リスクさえある。
ニュースになってないだけで、摘発例はかなり存在するものと推測します。
懲戒免職レベルのリスクと引き換えに得られるものは小金。
わずか数万とるためにすき家に強盗に入るレベル。
リスクとリターンのバランスが全くあっていません。

今回の「鳳凰」というツールは、そうした違法行為を推奨していると思われるフシがあります。
例えばこれ。



サッカー番組やセクシー画像を(画像ではダレノガレ)アップすることで広告料を得ようという話なのでしょうが、これはれっきとした違法行為です。
著作権者が告訴してないだけで、告訴したら絶対に摘発されます。
特にこれからは著作権の非親告罪化が実現する見通しですので、このパクリ動画ビジネスは、近いうちに終焉を迎えることになるでしょう。

そうした法律違反ギリギリの商売を、果たしてビジネスということができるのでしょうか?

ユーチューブで稼げるのは、何か得意分野を持っていてる人ぐらいです。
そうでない方は、別のビジネスを模索するべきだと思います。