+++++++++++++++++++++++++
管理人様、はじめまして。 
A県在住のZと申します。(匿名で申し訳ありません) 

 
先日、コピーライティング・アーカイブを 
アドモールより購入してしましました。 
管理人様の仰るとおり、このサイトを存じ上げていなかったことが 
大失敗の原因であると、深く反省している次第であります。 

 
サイトの、特に、本庄祐也の記事は読まさせていただきました。 

対処方法をご指導いただきだいのですが、交わした契約書には 
本庄祐也本人の名前と、捺印があります。これでも、宇崎恵吾の 
名前を語っていることから、私文書偽造等罪に該当するのでしょうか? 

 
また、返金についてですが、クレジット会社に直接掛け合うほうが 
良いのか、それともサイトのとおり弁護士を通じて、被害届を提出 
した方が良いのか判断に迷っています。 

 
そして何よりも心配しているのが、このままだと、本庄祐也の掲示板に 
記載されている通り、詐欺の共犯者となってしまうのでしょうか? 

 
管理人様も大変お忙しいとは思いますが、良き解決方法を 
ご指導ご鞭撻のほど、宜しくお願い致します。  

 
もし弁護士を通じる場合には、このような事例に詳しい弁護士さんを 
ご存知とのことですので、教えていただければ大変有難いです。  

管理人様の指示に従って、クレジット会社の方に 
かけあいました。 

 
しかし、クレカ会社側では、買ったお店からマイナス伝票を 
計上してもらわないと、クレジットの停止や払い戻しは出来ない 
の一点張りです。 

 
以上、よろしくお願い致します。
+++++++++++++++++++++++++
アドバイスです。

>私文書偽造等罪に該当するのでしょうか? 
残念ですが該当しません。

>そして何よりも心配しているのが、このままだと、本庄祐也の掲示板に 
>記載されている通り、詐欺の共犯者となってしまうのでしょうか? 
本庄が製作した詐欺商材を売る手伝いをしてしまったら、詐欺の共犯者として容疑をかけられても仕方がありません。
しかし何もしなければ、疑われることは無いので心配は不要です。

>しかし、クレカ会社側では、買ったお店からマイナス伝票を 
>計上してもらわないと、クレジットの停止や払い戻しは出来ない 
>の一点張りです。 
貴方の主張の仕方が悪いのです。

http://www.j-credit.or.jp/customer/consult/download/20100208_siharai_teisi.pdf
ここを参考にして、書類を作ってください。
これは今すぐに行ってください。
でないと引き落とし期日だけがどんどん近づき、ますます不利になってしまうだけです。

『次の休日にしよう』
とか
『消費者センターの相談結果を待ってから』
ではいけません。
今すぐに行ってください。
消費者センターの調査に過度な期待をしてしまい、その結果機を逸っしてしまう事例が非常に多いです。
それについては、

ネットライフ詐欺 200万近く騙されました
https://no1-reviewer.com/review/2015/09/200-3.php

をご覧ください。

書類には、本庄祐也の被害者が集まっている
http://henkin.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=14956351
この掲示板をプリントアウトしたものを同封しましょう。
また、
https://no1-reviewer.com/review/category/sagi/cat58
こちらは本庄についての当サイトの全記事になりますので、同封しておいた方が良いでしょう。
情報商材の返金請求テンプレート
https://no1-reviewer.com/review/2014/10/post-1060.php
も参考にしてください。

返金請求の掲示板は他にも多数あるようですが、私のこのサイトだけを参考にしてください。
素人が勝手な判断で進めても何も進展しません。
それについては、

アホが集まった
https://no1-reviewer.com/review/2015/05/www.php

で説明したとおりです。

重ねて言いますが、掲示板で素人同士が議論しても無意味なので、相談するのは私だけにして下さい。

最も最良な方法は、弁護士に、カード会社への支払い停止の抗弁書を作ってもらうことです。
まともなカード会社だったら、弁護士による内容証明なら一発で受諾します。
費用はかかりますがこれは勉強代として考えてください。
この弁護士代の費用を本庄に請求することは難しいので、それについては諦めた方が良いのかもしれません。
弁護士代が高いと感じるなら、消費者センターに相談してください。
手ぶらで弁護士事務所や消費者センターへ行っても時間の無駄なので、
5W1Hは当然として、なぜ詐欺だと思うのかの書類も作成しておきましょう。
弁護士と一口で言ってもそれぞれ得意不得意の分野がありますので、最低でも3件は回ってください。
また、弁護士をネットで探すことは避けてください。
ネットで活動している弁護士は、詐欺弁護士が多いです。
それについては下記を参考にしてください。

ベルマン法務事務所 飯田一(イイダハジメ) その評
https://no1-reviewer.com/review/2015/11/post-1309.php

こちらを参考に、国税へも通報してください。
https://no1-reviewer.com/review/2015/10/post-1270.php

とりあえずの方策として、口座残高を0にしておく方法もあります。
(自己責任でお願いします。)

まずはカードの支払い停止の抗弁に全力を傾けてください。
その後で、余裕ができたら警察に相談してください。
被害届は弁護士に書いてもらってください。
一般人が書いても受理してくれません。
暇があれば私のこのサイトを、最低でも過去2年分は読み込んでください。
何かつかめるかもしれませんよ。

進展があればまた連絡下さい。