・情報商材を作りたいけど良い文章が書けない
・メルマガを発行したいけど購読者が増えない
・ブログに載せる文章がが上手に書けない
などお悩みの方、その原因はおそらくコピーライティング能力の欠如にあると思われます。

>コピーライター (copywriter) とは、商品や企業を宣伝するため、新聞・雑誌・ポスターなどのグラフィック広告、テレビCM、ラジオCM、ウェブサイトやバナー広告などに使用する文言(コピー)を書くことを職業とする人のこと。
>wikipediaより

動画コンテンツを用いたプロダクトローンチが流行りの昨今においても、
コピーライティング技術はまだまだ重要な位置を占めています。
それはWebの特性上、仕方のないことだと言えます。
だって、ヤフーでもアマゾンでもフェイスブックでも情報商材のセールスレターでもどこでもいいので見てごらんなさいよ。
今見ている、当ブログでもいいですよ。
多少動画コンテンツはあるでしょうけど、ほとんど『文字』ばかりでしょ?
文章を書かなきゃネットビジネスは始まらないんですよね。
このように、ネットビジネスの成功とコピーライティング技術は密接不可分の関係にあります。

ではどうすればコピーライティング能力が向上できるか?
『本、小説を読む』ことも一つの方法ですが、時間がかかりすぎますし、
こういうのって、才能の問題もあります。
私の高校時代の同級生に、小学校の時から引きこもって小説ばかり読んでいた人間がいましたが、
国語の成績だけはトップの人間がいたのを覚えています。
(他の教科はダメダメでしたがw)
努力よりも、才能や幼少頃の環境が大事だということ。
為末大さんの主張も非常に示唆的です。

>「やればできると言うがそれは成功者の言い分であり、例えばアスリートとして成功するためには アスリート向きの体で生まれたかどうかが99%重要なことだ」

>「がんばれ、より、よく頑張ったねもう十分だよ、の方が救われるステージがあると思うのです」

私もこの主張に同意しています。
たくさん情報商材を買った、しかもセミナーにも出席した、でも稼げない!
って方、たくさんいると思います。
そろそろ才能の無さを自覚すべき時期なのかも?。
スッパリ諦めて、次のステージに出発することも考えるべきです。

尊敬する島田紳助も、M1を作った理由に
『漫才を辞めさせるきっかけを作ってあげようと思って』
と答えています。
M1は、結成して10年以内のコンビしか出場できないシステムです。
だから、M1に出られない年齢のコンビは、もう諦めたほうが良いってことで。
https://no1-reviewer.com/review/2013/03/post-720.php

ここまでネガティブにさせる話ばかりしてきましたが、
オリンピック選手になりたいならいざしらず、
ネットビジネス成功に求められるスキルなんて、それほど高いものではないんです。
ハードルは確実に低い。
パターンというか法則というものが、確実に存在します。
それさえ見つけてしまえば、あとは入れ食い状態なのです。
それは翌日に紹介させていただきます。