掲載情報商材数

    広告掲載募集中

お問い合せ

最終更新日:2017/11/29

最新のレビュー記事

詐欺にあってしまった時はカード会社相手に裁判をしましょう。[2015/09/02]

↓忘れずに最初にクリックお願いします↓





詐欺にあってしまった時の被害回復の方法について簡単ではありますが説明させていただきます。


あってしまった詐欺の種類によって対策方法は変わってきますので、5W1Hを踏まえ当サイトに相談してください。
個々に対策方法をアドバイスさせていただきます。


まずやらなければいけないことが、カード会社に、決済の停止(カード会社が詐欺業者にお金を渡すこと)を申し立てることです。
テンプレートを用意しています。


>情報商材の返金請求テンプレート
>http://www.no1-reviewer.com/review/2014/10/post-1060.php
>情報商材のクレジット取引支払抗弁書
>http://www.no1-reviewer.com/review/2015/04/post-1176.php


この辺りを参考にしてください。
これは今すぐにでもやらなければいけません。
「連休明けにでも~」
とか悠長なことをしていると、決済済みになってしまい、話がややこしくなってしまいます。


では決済が既に済んでしまっていた場合どうするか?
出会い系業者や情報商材業者はすぐに行方をくらましてしまうので、裁判は非現実的です。
そこで、カード会社相手に裁判をすることをおすすめします。
カード会社が詐欺商取引を助長させているということを立証できれば十分に可能だと思われます。
このような、消費者側に大甘な判決がでる時代です。


jugement:NET決済無断使用でカード会社が敗訴
http://matimura.cocolog-nifty.com/matimulog/2008/05/jugementnet_714c.html


要するに、子供が勝手に使ったカード代金は、支払う必要は無いという判決です。


裁判は1年2年はかかります。
その間、カード会社からの引き落としを防ぐために、残高を0にすることも検討してください。
ブラックリスト入りは免れないですが。


被害金の全回復は、おそらく難しいでしょう。(優秀な弁護士がつけば全回復できるかもしれませんが。)
また、カード会社の過失を証明しなければいけなくなり、本人訴訟ではかなり難しいので、弁護士をつけて戦う必要がありそうです。



☆ご案内☆
当ブログでは、情報商材やネットビジネスについての情報を募集しています。
・商材名
・いつ買ったか
・稼げたか稼げなかったか
・被害者の会を作ってほしい!
・この情報商材をレビューしてほしい
・その他なんでも
など、どんなささいなことでも良いのでメールください。

・アフィリエイト、ネットビジネス、投資、その他お金にまつわること全般の相談も受け付けます



☆メールをする(プライバシー厳守します)☆



☆反響が多い記事☆
今年の稼げる情報商材まとめ
泉 忠司 与沢翼 小玉歩の出版セミナーで詐欺にあいました
FXで700万円の損失
2500万円の詐欺被害者の生の声
49万8千円騙し取られた
ネオヒルズ族のあくどい稼ぎ方と、情報商材に騙されない方法
詐欺師に返金させることが不可能な理由
400万円近く騙されたおじいさんからのメールをご紹介
語尾に『ぽよ』をつけているブログに要注意
訴訟詐欺にご注意!
ネットビジネスで成功するコピーライティングを学ぶ方法
暴力団構成員の噂がある大塚哲也の詐欺商材にご注意!
ゴキブリは1匹いたら100匹いると思え
詐欺師中川悟=なかちゃん=山下徹にご注意を!
返金をさせる方法
その情報商材、嫌なら買うな
マスコミに騙されるな!
12歳の少年からとんでもないメールを頂きました。
ライフネット生命はインチキで詐欺まがい!?
300万円の詐欺にあった人の生の声
情報商材に騙された時にまずやるべきこと
そのレビューサイトが詐欺かそうでないかを見分ける方法
情報商材の返金請求テンプレート
山口孝志と甲斐輝彦が脱税で在宅起訴!
ヤフーに掲載されている広告は詐欺だらけ
出会い系サイトで141万円騙されました