掲載情報商材数

    広告掲載募集中

お問い合せ

最終更新日:2016/07/16

最新のレビュー記事

稼げるFX情報商材[2014/09/23]

↓忘れずに最初にクリックお願いします↓





+++++++++++++++++++++++++
管理人様、初めまして。
今日は相談がありメールさせていただきました。
某掲示板で話題になっている
http://seikatublog.com/?p=870
この商材、どうなんでしょう?
何か買う前に必ず相談をということなので、メールをさせていただきました。
このページの中にある、月10万円、時給5000円のほうも気になっています。
いったいどういうビジネスなのでしょうか?
分析をお願いします。
+++++++++++++++++++++++++
ご相談ありがとございます。


まず、私はFXに非常に懐疑的です。
基本的に反対の立場をとっています。
(社会勉強として、小遣い程度でやる分には反対はしませんが。)


なぜかというと、何年にもわたってコンスタントに稼ぎ続けている人を、見たことがないからです。
『このFX情報商材でこれだけ稼げたよー』っていう口コミもいただいたことがない。
こういうブログを運営していると、そういう情報は嫌でも入ってくるハズなんです。
でも、いただいたことはない。
その逆に、FXで大負けした人や破産した人は、もう何人も見てきました。
FX情報商材の被害相談も毎月のようにいただいています。
確かにFXで大勝している人もいるのでしょうが、成功報告と損失報告の割合を考えると、とてもじゃないけどおすすめはできないんですね。

しかし、FXを純粋に投資として捉えるのなら、この限りではありません。
http://seikatublog.com/?p=870は、FXを、ギャンブルではなく投資として捉えているようです。
この点は高く評価されるべきだと思います。)
政治経済や各国の政策金利、物価指数などを総合的に考えて、これからドルが強くなりそうだと予想し、その結果、ドルを保有する。
こういう投資スタイルなら全然有りだと思います。
むしろ推奨したい。
しかしそれとは反対に、チャートやサインをもとに、短期売買を行う。
こういう投資スタイルには反対します。
理由を説明します。


チャートとかサインとかいうのは、ものすごく単純に言うと、証券会社が作り出した営業ツールなんです。
しかしそれが機能するなら文句はないのですが、必ずしもチャート通りにいかないのが相場。
特に顕著にあらわれるのが、ポンドやランド。
流通量が少ないがために、値動きが非常に変動しやすいんですね。
(ポンドは、殺人通貨としても有名です。1日で破産に追い込まれるケースも多々ありました。)
従って、資金力のある投資家による意図的な操作のターゲットにされやすい。
その結果、チャートなどの指標が無効化→予想外の値動きが突然発生します。
流通量が多く、比較的サイン通りに動きやすいドルだって、イベント次第では予想外の動きをしますよ。


『テクニカル指標を無視した予想外の動き。』


これが、FXトレーダーを死に追いやる最大の原因なんです。


結論:
チャートの勉強をしてもほとんど時間の無駄。負けるときは負ける。運の要素が非常に大きい。


以上の説明を勘案し、そしてFXをギャンブルではなく投資として捉えることができるなら、
http://seikatublog.com/?p=870
はおすすめできます。
また、
http://脳血管障害治療方法.com/
氏が推奨していることから、まず間違いと言えるでしょう。
(同氏の評判はhttp://www.no1-reviewer.com/review/cat84/にて確認することができます。
多方面から高評価を頂いている信頼のおける方です。
ブログを見ても誠実さが溢れています。画面越しに伝わってくるぐらい)
さすがに時給800万円は無理でしょうが、何かしら得られるものは、確実に存在すると思います。


以上の説明を勘案し、それでもまだFXをギャンブルとして捉えるなら、FXの短期売買で稼ぎたいと思うなら、一つだけ、優良商材を知っています。
知りたい人は、
http://www.no1-reviewer.com/review/2014/09/post-1042.php
を参照のうえ、お問い合わせ下さい。


10月追記
購入者の感想が書かれていますのでご参考ください。
http://www.kutikomiblog.com/public/2014/10/800.php


http://xn--czrt1eh2kr3gzx8cjrc.com/?p=317