掲載情報商材数

    広告掲載募集中

お問い合せ

最終更新日:2017/09/12

最新のレビュー記事

インフォトップの新サービス、MeeT@UP(ミータップ)は詐欺?[2013/07/22]

なにやらインフォトップが胡散臭い新サービスを発表しました。
MeeT@UP(ミータップ)というサービス名で、7/23開始だそうです。


『プレゼンターのアイディアとサポーターの応援つなぐクラウドファンディングサイト』
横文字だらけで意味がわからないんですが簡単にいうと
『起業ネタを持っている人に、不特定多数の人がインターネット経由で資金提供を行うこと』
です。
両者をインフォトップが取り持つ、それがMeeT@UPというサービスです。
ところで覚えていますか?
一昔前に流行りましたね。
マネーの虎って番組。
あれと根本は同じです。
知らない人は、ユーチューブで見てくださいね。面白いですよ。


さてこのMeeT@UP、非常に懐疑的です。
というか、関わらないほうが良いとさえ思っています。
資金募集側として利用するのはかろうじてアリだと思いますが、資金提供者側には決してなってはいけません。
ほぼ100%損する形になるでしょう。
理由はたくさんあります。
・まず、運営のインフォトップ自体が信用できないことが大きな点。
これだけ詐欺商材がはびこっているわけです。
それを一掃することから始めるべきですね。
・もう一つ。
資金募集側と提供者側の情報格差が激しすぎること。
簡単にいうと、資金募集側は自分に有利になるように何か嘘をついている可能性がある。
騙されたとしてもそれは単なる投資ですから、自己責任として処理されてしまいます。
・良い投資先なんて腐るほどあるってことが最後の一つ。http://www.no1-reviewer.com/review/10/
わざわざインフォトップなどに関わる必要性が見出せません。


ラブホファンド、映画ファンド、安愚楽牧場、円天...。
これまで様々な詐欺ビジネスモデルが考案されてきましたが、
クラウドファンディング関連が次の本命だと予想します。



あ、いえ、間違えました。
大本命は、
アブラハムプライベートバンクのいつかはゆかし
ですね。http://www.no1-reviewer.com/review/2013/03/post-718.php
あと5年後かそれぐらいには必ず破綻するでしょう。
社長はもちろん逮捕。
返金も無し!
絶対に社会問題化します。
塚本高史の俳優人生もピンチ!
塚本高史の知り合いの方、見ていたら彼にメインキャラクターを降りるよう、説得してあげてください。
私はファンなんです。
彼が詐欺の片棒を担がされるなんて、悲しすぎます。


ともかく、今後はクラウドファンディングをテーマにした詐欺情報商材が乱売されそうです。
詐欺のネタは永久に不滅です。


☆反響が多い記事☆

暴力団構成員の噂がある大塚哲也の詐欺商材にご注意!
ゴキブリは1匹いたら100匹いると思え
話題の商材について
詐欺師中川悟=なかちゃん=山下徹にご注意を!
返金をさせる方法
その情報商材、嫌なら買うな
マスコミに騙されるな!
稼ぐ方法教えます。
株価が200円から800円にあがりました

name.jpg